薬やサプリのジェネリック的なもの

よく薬にジェネリックのものがあったりしますよね、

有効成分はオリジナルのものと同じで、でも開発されてからある一定の期間が経っているからその製法などがオープンになっていてジェネリックが出ても良いとなるシステム。

サプリメントなどでも似たようなものがありますよね、

有効成分や効果は同じだけどブランドは違うというものを見かけることが多いです。

例えばナイシトールという、お腹の脂肪を落とすと書いてある便秘薬のようなサプリメントがありますが、あれに似たようなものでトモッズブランドのものを今日ドラッグストアで見かけました。

トモッズとはドラッグストアの名前ですが、そのドラッグストアのブランドから出ている、恐らくナイシトールと有効成分が同じものなのですよね。

思わず買ってしまいましたよ。

ナイシトールは以前何度か飲んだことありますが、確かに少し便秘薬のような効き目はありました。

本格的な便秘薬よりは効き目は緩やかなのでお腹にあまりダメージありませんけどね。

脂肪が落ちたり代謝が良くなったりするかどうかは不明です。

でもなんとなく飲まないよりは飲んでいた方が気分がスッキリします。

精神的なものもあるのかもしれませんけどね。

しかもトモッズブランドのものの方が有効成分が500ミリグラム多く含まれている上値段も安いのが嬉しい部分です。

お会計するときにお店の人が「こういうものは飲んだことありますか?」と聞いてきましたが「ナイシトールは飲んだことあるのですがこちらの方が安いことに気付いて試してみたかったのです」と答えました。

お店の人はにっこりして「そうなのですよね」と言ってくれました。

今晩から飲んでみますが、効果が楽しみです。